透析になるらしい

 更新がなかなか出来ずにいます。

あっと言う間に月日が過ぎて行きます。

今日はsunで気持ちがいいのですが、花粉症のため窓を開けることが出来ず残念!
夜、寝られなくなリますから我慢・・・。

明日は、職場の卒園式。お天気は春の嵐raintyphoonになるとかsign02

正装される保護者の方々は、お気の毒です。

父は、ついに「透析」をすることになってしまいました。

今週の外来で言われたようで、来月話を聞きに私が付き添います。
これから、週3回のお勤めは大変です。

色々な制限も出てきますが、父はわかっているのかなぁ?

今まで、好き放題にやってきたので仕方がないって言えばそれまです。

来月から、生活が変わることは確かです。

| | コメント (2)

救急診療へ行く

今日は暖かい日で春~って気持ちよくしていたら
母から「爺さんが竹やぶで怪我しちゃって病院へ行ったらしい」と連絡がsign01

畑に行き、そこからどこかの竹やぶへ入り、竹を取ろうとしたらしいのです。
そしたら、コケテしまい竹が顔に刺さり口の中が血だらけshock

運よく近くを通った女性がmobilephoneで自宅へ連絡して下さり、近くの病院まで同伴してくれたとか。
その方にお礼をしようと訪ねたらお名前だけ教えてくださり「けっこうです」と立ち去った
ようなんです。「本当にありがとうございました!」

最初に行った病院では、対処出来ないとお断りされ自宅へ帰って来ました。
口の中なので、取り合えず近所の歯科医院に電話を入れて診てもらいましたが
チョット奥までいってるので、大学病院に紹介状を書きますからすぐ行って下さいと言われ
今日は休診なので救急受付へ!

父は口の中に竹が刺さったと言ってましたが、どうも口の横が切れて出血があったので
おかしいなぁ???って思ったんですよ。
案の定、外から竹が刺さり入れ歯を刺して(入れ歯が取れた)上あごまで入っちゃった
様なのです。おそらく自分で起き上がったときに竹が抜けて顔には刺さってなかった?

とにかく目撃者がいないので状況はわからないのです・・・。

着ていた洋服は血だらけ、口の中も血だらけimpact

救急で処置をして頂きました。口の横を縫い、中は縫えないので自然に出血を止める為
ガーゼをかみ締めて・・・。
とにかく薬を10種類近く飲んでいる為、処方する薬も難しく大変でした。

栄養ドリンクをストローで飲むのが精一杯でしょう。
夕方覗いたら、食欲がないと言ってました。そうでしょうよ、今夜痛みがないといいけど。

元気になったのはいいですが、行動範囲も広がりこんな事にdown
まさか、口腔外科にお世話になるとは想定外でした。

月曜日はまた外来に行くようです。ため息しか出ません。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

退院後の外来

火曜日は退院後、初の外来日。

いつもの様に3人でhospital
私は運転手と父について診察室へ入る係り。母は荷物持ちと会計係り。
父は 「患者様」

このような役割分担になっている我家ですよ。
外来に来ている人達を見ていると、老夫婦が多いです。
ご主人が中へ入り奥さんが後ろから入り・・・が多いですね。
やはり男性の方が弱い?

そうかと思えば、腰を曲げ杖を使いながら一人で来られている方も。
色んな事情の方々がhospitalに診察へ。

まずは採血、心電図、X線撮影と検査をしてから心臓血管外来へ。
順調な回復な様で、次回からは循環器内科で診察となりました。

次は、腎臓内科。今日の検査結果を見て入院前より数値が良くなっているので
たん白質、塩分、カロリーが少し緩和され父はdelicious

1ヶ月入院して管理されたrestaurantと透析も何回かやったお陰で数値が良くなっていると
思うのですが・・・。
次は2ヵ月後が外来です。このときがどうでしょうね。

こんな感じで、この日は薬をもらって2時過ぎshock
疲れましたよ・・・。

しばらくは何とか落ち着いていると思うので、私も楽になるといいですが・・・。

carの中で昼寝をしている父ですよsign03
暖かいからいいそうです。(母からも離れられるから?)

気持ちは春なのでテンプレも変えてみましたcherryblossom

| | コメント (5) | トラックバック (0)

東京初雪

例年より14日遅い初雪だとか。我家は東京郊外にある為、都内より雪が多かった
様ですが・・・。 9時頃から太陽が顔を出しましたが、外は寒い日です。

父の手術当日は、午前9時に車イスで手術室へ移動。病棟の看護師さん達に
「いってらっしゃい!待ってますからね!」と声をかけていただきニヤニヤしていた父です。

手術室へ着くとそこで家族としばしのお別れ。「いってらっしゃい!頑張ってね!」

後ろ向きで片手を挙げて手術室へ入っていきました。
(よく見るドラマや映画のシーンとは違った)

ここからが長い時間でした。午後3時に担当医の先生から無事手術が終ったことと
あと2時間くらいしたら面会できるとの話がありました。
家族はホッとした瞬間です!
本人が一番大変ですが、何も出来ずに待つだけの家族もツライですね。

この手術でわかったことがあるのですよ。

ナント本人はAB型だと思っていたのにB型だったのです!!!

家族みんなが????状態。昔のはあてにならない事がわかりました。

午後5時頃になっても呼ばれず、皆はソワソワ状態。もしかして麻酔が・・・・・・。
6時近くにやっと呼ばれICUへ入りました。
そこには父の姿が!!!
話は聞いていたので驚きはしませんでしたが、やはり色々なチューブやら器具が
体中についていていました。口には呼吸器がついていたので話は出来ないが
こちらの声は聞こえますからとドクターに言われ話しかけると「ウンウン」とうなずき
何かを言いたそうでした。

もう少ししたら口のチューブは外せそうなので、そしたらまたお呼びしますと言われ
控え室へ。
1時間くらいで呼ばれて父のところへ行くと、今度は話が出来ました。
しかし、入れ歯を外していたので言葉がハッキリしません!
歯がないってこんなにも違うとは・・・。頭は大丈夫のようなので安心しました。

80歳にして初めての大手術でしたが、あらためて体力ある爺さんだと感じました。
私がこの歳になったとき、同じような体力が果たしてあることやら???

家族は私一人を残し、帰って行きました(笑)
家族控え室はどんな所かと思ったら、長いすに横になる程度の所でした。
一応タオルケットやらタオルとかは用意されていましたが、私は自分用のを持参して
そこで一晩を過ごすことに。

午後9時には廊下の電気が消されます。控え室も少しで照明を落とし仮眠するのですが
やることがないので横になっていたらウトウトして眠ってしまいました。
幅がないので寝返りが出来ず、チョクチョク目は覚めましたが暖かいので助かりました。
夜中、緊急の電話もならなかったので寝られたのだと思います。

朝8時に連絡が入り、「患者様が目を覚まされたのでお会いになれます」と。
そこでICUに入っていくと昨夜より元気そうな父の姿が!!!

「まだ居たのか?」オイオイ~~~!違うでしょうが
「居てくれてありがとう~」でしょうが!相変わらずの会話です。

「オレは生まれ変わったから、あと5年は生きなくちゃ!」父

「アレ?20年じゃなかったの!?」娘

「もうそんなもんだ!」父

さすがに今回の手術で疲れたのかな?珍しく弱気な発言でしたが、その後は
「畑行って玉ねぎ植えなくちゃ!」と言ったので大丈夫だと感じました。

この日は昼食から食べられることになり、午後からはICUを出て個室へ移りました。
順調に回復しているので良かったです。
腕を動かすと傷口は傷むようですが、しばらくは痛みがあるでしょうね。

泊りから帰った私は、家の片付けを簡単にしてゆっくりしていました。
今日は、母が面会に行く予定なのでゆっくり過ごします。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

手術当日

いよいよ当日となりました。

8時に病院へ入り父と麻酔前に会話をして、手術室へ一緒に行くそうです。

人生80歳にしての入院と手術。
まぁ、今まで何もなかったのが不思議です。
でも、まさかこの歳になって大手術することになるとは思っていなかった父。
日曜の面会時には「早くやってくれないかな~」と落ち着かない様でした。

今日は長期戦です。病院に泊まりますし。

少しの間、コメントにお返事が書けないと思いますがお許しくださいませ。

大丈夫です、ドクターと運命を信じていますから。

また、報告いたします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

手術説明あり

今日は手術説明が担当医からあるので病院へ行きました。

カンファレンスルームに担当医、助手、父、母、私の5人。
当日の手術の説明があり、それに伴い同意書が数枚渡されました。
今は色んな問題があるので書類も多い様ですね。

素人さんにもわかりやすい模型を使い説明や写真を見ての説明。
昨日は麻酔医から本人に説明があったようです。
しかし、医学の進歩は凄い!心臓を止めないで手術が出来るとは・・・。

今回、人工血管は使いませんが(実際は使えない)実物を見せてもらいました。
やわらかくてもっと硬いものかと思っていましたが意外でした。

担当医から質問は?と聞かれたので人工血管のことを聞いてみたわけです。
両親は???と言う顔で私を見ていましたが、一度どういうものか見たかったので
見せてもらえて良かったです。

父は腎機能が低下している為、透析になるかギリギリの状態です。
麻酔はやはり腎機能を悪くするらしいのですが、まさか麻酔ナシでの手術は
不可能なわけでして・・・。(痛みに弱い父)

冠動脈3本バイパス手術。
当日は9時に全身麻酔~16時にICUの予定らしです。
あくまでも一般に場合で、これに腎臓の悪い父は麻酔時間が長引くこともあるいう話です。
この日は、家族が泊まらなくてはならないそうで高齢の母は無理なので
私が・・・です。
ドラマなどで手術後は家族が病院に泊まってるシーンをみますが
私が経験するとは思ってもみなかったですよ。

体力をつけておかなくちゃ!なんて言いながら食べてる私です。

今年は年初めから介護ネタとなりました。
でも、私も父も落ち込んだり深く考え込んでいませんのでご安心くださいね。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

やっと・・・

今週からやっと平常に戻った我家です。

夫は10日ぶりの出社、娘は久しぶりの大学。
今月はテストやらレポート提出やらで忙しいらしいが、来月からは長い春休み。
今年は就活があるので、ゆっくりした春休みは過ごせないらしい。

リクルートスーツで動き回る?どこかあの娘を引き受けてくれる会社はあるのかと
親は疑問だ。

もっとも家の中と外では全く違う会話の娘なので、世間受けは定かではないですが。
とにかく自立してくれ~~~。 が親の本心ですよ。

昨日、父は入院しました(10月から4度目)
さすがに同じ病院に3度目の入院ですから手馴れたもの。
まして今度は先月と同じフロアーなので、看護士さん達も顔見知り。
すっかり患者様ならぬお客様ですね。

チョット前は「患者さん」ではなかったですか?
今は「患者様」ですからね。時代で呼び方も違います。

来週の手術まで少し検査があるようですが、風邪など引かないように
体調管理をしてもらわないと。

入院前日まで畑仕事をしていた父です。
外見は元気な様に見えますが、中はメンテが必要な所だらけですよ。
連休明けには手術が待っています。

今回の父の入院で色々な病気が見つかり、私もそれなりに調べましたので
少しは知識がつきました。

病院に行くだけで疲れます。あそこは何だか気を取られる様な気がします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今年も残りわずか

今日は26日じゃない!慌ててテンプレートをお正月バージョンに変えました。

スーパーは昨日までクリスマスフェアーだったのに、今日になったら早くも
「おせち」コーナーになっていましたよ!

日本人はなんて忙しい!?

年賀状、私の分は完成してポストへ投函済み。
夫は仕事が休みになったららしい・・・。

大掃除?やっていませ~ん!
ポイント掃除して終わり・・・。
寒くて掃除どころではないですよ。

昨日は父の自己輸血の日でしたが、あいにくヘモグロビンの数値が低すぎて
出来ませんでした。12日前は300ccナントか採れたのですが、今回は血液が
うまく出来ていなかったようです。前回、増血剤接種したのですが腎臓機能の低下や
もろもろでうまく作用しなかったようです。

年明けに入院するのでその時に出来たらすることとなりました。
80歳と言う年齢ですから仕方がないですよね。
手術までに800cc採りたかった様ですが、おそらく無理ですね。

父曰く「昔から貧血だったんだ!」 そんなこと聞いてないし!

おせち(好物の数の子、酢だこ、いくら、かまぼこ等)を買いに行くと言ってます。
母はそんなに食べられないのに・・・なんて言ってますよ。

入院したら好きな物食べられないから、ほどほどに食べたら~!って
娘は言いました。(年末年始は病院休みだから気をつけてよ・・・)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

父の外泊

外泊ってアヤシイ所へではないですよ。

今月1日の循環器内科の外来で、検査入院を勧められ3日から入院となりました。
急だったのですが、前回の退院からまだ1ヶ月過ぎていなかったので入院グッズは
まだありまして・・・。

3日に入院して検査の予定項目を担当医から説明がありました。
実は4日にカテーテル検査なので、前日から造影剤から腎臓を守る薬を飲む為に
前日からの入院でした。

父は腎機能が低下している為、造影剤をうまく腎臓から排出することが出来ない
とのことで「透析」をしました。実際にやってみて時間のかかることがわかったようですが
近い将来、自分が透析をするようになるのがわかっていたのかしら???

4日は午後からカテーテル検査。
一応、家族は待機。その後、担当医より画像を見ながらの説明を聞きました。

鮮明に血管が~~~!!!
こんなに悪かったの!?

診断は「狭心症」です。冠動脈3本がやられてました。
素人が見てもハッキリわかるくらいですから、よほど悪いのでしょう。

開胸手術をするか、そのままでいるか?それが問題でして・・・。
手術は80歳が限界のようです。
父の場合はバルーン手術は無理のようです。

担当医からの説明後、退院までに決めて欲しいと言われすぐ回答する父。

「先生、やっちゃってください~!」 この言葉に家族は「目がテン!」

そんなに早く決めちゃっていいの???

「皆、どうだ?」 本人の意思を尊重しますから反対はしませんよ、でもね・・・。

せっかちで短気な父ですがここまでせっかちだとは、思わなかったですよ。
どんな手術か知らないから即答出来てしまうのでしょうが。

手術をするという前提で、検査も色々やりまして今日から日曜まで外泊OKが
出たと言うわけです。
火曜日退院予定なので、そのまま入院していても・・・と思いますが病院も諸般の
事情から(職員少なくなる)外泊OKがでたのかしら?

本人はテンションが上がり、母は想定外の事となりまして予定変更だとか。
患者様(父)がいると家族の者が振り回されて大変な事がよくわかります。

そんなわけで我が家で2泊の外泊をする父です。

手術は来年になる様なので、そしたら1ヶ月くらいは入院となりそうですよ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

父の検診日

今日は退院後、初の腎臓内科検診日でした。

あれほど入院中は「外来の時は自分で運転してくるから~」と言ってた父なのに
いざとなったら私がドライバーですからね。

患者様(最近の病院はこう呼ぶのですね)は一人で、お付が二人とは、傍からみたら
凄い患者様でしょう。一人で来られている高齢の方もかなり多いのに・・・。

先に採血、採尿を済ませ腎臓内科で順番待ち。
父の担当医は教授で科長らしいです。

予約時間を30分過ぎた頃から、父は落ち着かなくなり始め・・・。
やめてよ~文句を言うのは!と思ってたら案の定母に言い出しまして
母は、「予約通りにはいかないじゃないの」と父に言いました。

待たされて3分診療が多い中、このドクターはゆっくり話を聞き説明してくださいます。
なので・・・時間をオーバーしてしまうわけで。

父のように短気な患者様には、3分診療がいいのでしょうか?(笑)

しかし、母には強い父がドクターの前だと態度が一変してしまいますから
実に子供のようです。「ハイ、わかりました!」と大きな声で答えるし
まるで模範生のようなお答えには、おかしくて。

今日またあらたに「尿酸値」の数値が高いことが判明!!!
腎臓の機能が低下してくるとどうしてもなりやすいとか。

担当医から今の状態は「中の上」と言われ、良いほうだと勘違いしていますから
困ったモンです。5段階で4なのに・・・。(5が最悪)

こんなだから私が一緒に診察室へ入ってるわけです。
母は「私が聞いてもわからないし、忘れるし」と言い、私に中へ入って欲しいと
頼むあり様ですよ。

また薬が増えましたよ。全部で10種類もあるのです!

血圧、糖尿、腎臓と凄い量でこれだけでお腹がいっぱいになりそうで・・・。

来週は循環器内科で先日の検査結果を聞きに行きます。

食欲だけは落ちない父です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧